HOME

メイド・イン・ジャパンには日本の伝統と技術そして日本人の素晴らしいアイデアが詰まっており、ストーリー性あふれるモノ・サービスが沢山あります。KAMO CONSULTANCYは魅力溢れるメイド・イン・ジャパンをシンガポールをはじめ東南アジア市場に届けるお手伝いをしております。

スポンサーリンク

 

商材の評価を知り、対象市場(国)を特定する

東南アジア市場といっても、各国の特徴は現地の状況や生活習慣によって大きく違います。考慮すべきファクターは多々ありますが、それぞれの特徴をおおまかに把握するだけでも、売り込みたい商材を評価してくれる市場なのか否か知ることができます。効率よく販路を開拓していくには、売り込みたい商材の各市場での評価を知り、対象市場(国)を特定することが必要不可欠です。

海外市場では売れたモノ勝ち

以前、シンガポールに駐在していた日系百貨店の販売部長さんが、「海外市場ではいいモノが売れるのではなく、売れたモノがいいモノなんだ」とよく仰ってました。この部長さんの言葉の裏には、日本産・日本製の商材はいいモノが多いのに❝効果的に訴求ができていない❞という意味が含まれていました。海外での販路開拓のカギは商材の魅力をどのように伝えるかです。

効果的な訴求をするには?

最も大切なのは特定した 対象市場(国) についてより詳しく調査することです。また、現地でのトレンドや消費者のニーズに関する情報を収集し、売り込みたいモノやサービスの市場における価値を再確認することも必要です。現地の事情がわからないようでは、価格で勝負できるかどうか、あるいは価格以外で訴求ポイントがあるかどうかも知ることができません。

KAMO CONSULTANCYのサービス

海外販路開拓の事前準備として販路開拓の 対象市場(国) におけるお客様の商材の可能性を探り、現地でのトレンドや消費者のニーズを把握したうえで、お客様と一緒に訴求ポイントを考えていきます。さらに新たな販路構築と販路拡大に向けたさまざまなサービスも提供しております。

サービス内容の詳細はこちらから

タイトルとURLをコピーしました