シンガポール永住権保持者のメリット|PRを2度取得した日本人の見方

kamobsコラム

~kamobsコラム Vol.11~

昨日、次男が兵役前に義務付けられている健康診断を受けた。いかつい体格に似合わないあどけない顔をみながら、もうそんな年齢になったのかと感慨深い気持ちになったと同時に、長男の時のことを思い出した。

次男はシンガポール人として兵役義務を負うことになるが、長男は永住権保持者の日本人として兵役を終えた。

我が家は父(永住権保持者の日本人)、母(シンガポール人)、長男(永住権保持者の日本人)、次男(日本とシンガポールの二重国籍)の4人家族。長男と次男のステータスが違うのは、長男が日本で生まれ、次男がシンガポールで生まれたことによる。

シンガポールは血統主義を取り入れているため、母親がシンガポール人でシンガポールで生まれた次男には自動的に現地の出生証明証がついてきた。

次男はシンガポール人として兵役に行くことが当然だと思っているようだ。一方、長男は兵役登録の段階から不平不満のオンパレード。シンガポールの徴兵制度ではシンガポール市民だけでなく永住権保持者2世にも兵役義務が課せられる。親である自分が永住権保持者であるので長男は永住権保持者2世となる。

文句ばかりいいながらも、数年前に兵役を全うした長男。今も永住権を保持したまま東京で暮らしている。将来シンガポールで働く機会があるかどうかわからないが、会社からシンガポールへの転勤を命じられれば就労ビザとか必要なくこちらで働くことができる。

以前ほどではないが、今でも永住権に関する問い合わせは少なくない。ほとんどが来星間もない方や進出を考えている日本の企業様からの質問であるが、意外と永住権について勘違いされていらっしゃる方が多い。

永住権は自国籍を維持しつつ永住を目的として取得する権利である。就労ビザとか必要なくシンガポールに滞在することができる権利で、中古ではあるが公営住宅を購入する権利も与えられる。

お問い合わせいただく方のなかには、自分が永住権を取得すると息子が兵役に行かなければならないのかという質問もある。兵役に行かせたくないのであれば息子の永住権を申請しなければいいだけのことだ。

ただし、家族でシンガポールに滞在している場合、息子を除いて申請すると、「息子に兵役義務を負わせたくないため」と判断され、取得率が下がるという話も耳にする。どのように申請するかは親の責任で決めていただくしかない。

また、永住権を取得することによるデメリットとして、給料が下がることを懸念する方もいらっしゃるが、決してそうではない。

永住権保持者は勤め人であればシンガポール国民同様、CPFと呼ばれる中央積み立て基金に加入することになる。日本の年金のようなもだが制度はしっかりしている。CPFは自己負担分と会社負担分からなる。自己負担分だけ手取りが減るが、会社負担額分は積み立て金として上乗せされることになる。

CPFの制度により、永住権保持者になると、それまでより手取りが幾分か少なくなることはあっても基本給自体減るわけではない。自分が永住権を取得したときは手取り分が減らないように会社が配慮してくれ、結果的に基本給を上げてもらったことを覚えている。

ちなみにこのCPF、自由に引き出すことができないが貯金であることは間違いない。しかも金利は銀行とは比較にならないほどいい!

日本人を含めた外国人を雇用したい企業には、就労ビザの申請を必要としない永住権保持者の雇用は、ある意味手っ取り早い。就労ビザ新規取得のための最低月額給与は今年の9月からこれまでより500Sドル高い5,000Sドルに引き上げられるので、外国人の雇用のハードルがより高くなる。こうした点から永住権保持者に有利に働く可能性もでてくる。

上述のとおり会社側からすれば、これまでの給料に会社負担額となるCPFを支払うことになるが、適材適所の人材で希望給与額も予定の範囲内であればすぐに働ける永住権保持者を優遇することがあってもおかしくない。

以前より永住権取得は難しくなっているが、長く滞在することを考えているのであれば、諸々条件がそろった時点で申請してみてはどうかと思うほど、永住権取得によって得られるメリットしか現時点では頭に浮かばない。

自慢ではないが、これまでに永住権を2度取得(一度破棄している)しているのでそのメリットについては他の永住権保持者よりは少しだけ詳しいのではないかと思っている。 だからこそ東京にいる長男には永住権を破棄しないよう口酸っぱく言い続けている。


タイトルとURLをコピーしました