【インドネシア】新首都名は「ヌサンタラ」、「群島」を意味しインドネシアを象徴

インドネシア

カリマンタン島(ボルネオ島)東部に移転が決まっているインドネシアの首都について、スハルソ・モノアルファ国家開発企画庁長官は17日、首都名にインドネシア語で「群島」を意味する「ヌサンタラ」が選定されたことを明らかにした。

新首都名は言語学者や歴史学者らにより、ネガラジャヤ(栄光の国)、ヌサンタラジャヤ(栄光の諸島)、ヌサカリヤ(祖国の創造)を含む約80の候補名から選出され、ジョコ・ウィドド大統領が14日に同意した。

首都名に「ヌサンタラ」が選定された理由についてスハルソ長官は、以前から国際的にも知られ、長きにわたって世界最大の群島国家インドネシアを象徴する言葉として使われていることを挙げた。

新しい首都が州となるか市となるかは国会で審議中であるが、首都移転審議委員会は州レベルと同等であるべきだと述べた。

首都移転については、インドネシアの経済活動が大都市ジャカルタに集中していることから、ジャカルタ及びその近郊への一極集中を解消させ、カリマンタン島(ボルネオ島)東部を発展させる必要があるとして、ジョコ大統領が2019年に発表した。

首都移転プロジェクトにかかる費用は460兆ルピア(約3兆4,484億円)。2020年に移転建設の開始が予定されていたが新型コロナの影響で延期されていた。

首都庁はバリの有名彫刻家ニョマンヌアルタ氏が設計することが発表され、インドネシアの国章である神鳥「ガルーダ」をモチーフとしたデザインが承認された。

ソース

Indonesia minister announces name of new national capital in eastern Kalimantan
JAKARTA: Indonesia’s planned new capital in eastern Kalimantan will be named Nusantara, said National Development Planning Minister Suharso Monoarfa on Monday (...
タイトルとURLをコピーしました