【マレーシア】世界のストリートフード・トップ50、マレーシアのロティチャナイが2位にランクイン

マレーシア

オンライン旅行ガイドのTasteAtlasが発表した「Top 50 street foods in the world」で、マレーシアの「ロティ・チャナイ」が2位にランクされた。

TasteAtlasは、食に焦点を当て、世界中の料理の専門家や評論家によるレビューやおすすめ料理を掲載しており、2月18日(土)には、「Top 50 street foods in the world」のランキングをTwitterで発表した。

世界のストリートフードとして高く評価された「ロティ・チャナイ」は内側は柔らかく、外側をカリッとさせるためにギーで炒めるのが一般的な平たいパン。ギーはインドを中心とした南アジアで古くから作られ、食用に用いるバターオイルの一種である。

ロティ・チャナイそのものも南インドからマレーシアに持ち込まれた料理で、マレーシアのインド系フードの代表格。小麦粉、水、卵、油脂で作られた生地を何度も折り曲げることで、何層にも重なったような食感を生み出している。

ロティ・チャナイ以外には、繊細な皮のバゲットに、柔らかくモチモチとした食感とほんのり甘い香りのする具を挟んだベトナムのサンドイッチであるバインミーが7位にランクインしたほか、インドネシア風お粥であるブブル アヤムなどインドネシア料理が5つランクインした。

今回のランキングで最も高い評価を受けたのは中国の鍋貼(焼き餃子)で、日本からは「唐揚げ」「肉まん」がそれぞれ6位と28位にランクされた。

※ソース

Guotie, roti canai ranked top street food in the world
KUALA LUMPUR: China’s guotie and Malaysia’s roti canai have been rated the top two street foods in the world, according to online travel guide TasteAtlas. Taste...
タイトルとURLをコピーしました