【シンガポール】9月の平均宿泊料283.47ドル、14年ぶりの高水準

シンガポール
Engin AkyurtによるPixabayからの画像

Singapore Tourism Analytics Networkの最新の統計情報によると、9月のホテル宿泊料金は1泊平均283.47ドルで、14年ぶりの高水準となった。10月は280ドル台で推移した。

9月は3年ぶりにF1レースと主要なMICE(会議、インセンティブ、コンベンション、展示会)が連携して開催されたことが平均宿泊料金を押し上げた。これまでの平均宿泊料金の最高値は、F1ナイトレースが初めて開催された2008年9月の298.65ドルだった。

シンガポールのKPMGアドバイザリー部門のパートナーであるポール・ケント氏は、9月と10月のホテルの平均宿泊料金が高いのは、F1レース観戦を目的に、より裕福で高級志向の旅行者が来星した
からだと分析している。

同氏によると、9月と10月は平均客室単価が高かったにも関わらず、稼働率も上昇し2022年第1四半期の78%から第3四半期には84%に上昇したという。

シンガポール政府は持続可能な観光を目指し、ビジネスとレジャーの両面で外国人旅行者の誘致に取り組んでいることから、今後数年間は観光業の回復が進むとみられている。

シンガポールを訪れた外国人観光客数は11月末時点で537万人で、シンガポール政府観光局(STB)が予測していた2022年通年の400万~600万人を超える勢いだ。

外国人観光客数は2019年には1910万人を記録。2022年は渡航制限が徐々に解除されたものの、各航空会社の乗客数を制限を加えたり、ロシアによるウクライナ侵攻が続いていることなどが急増を阻んだ。

※ソース

Average hotel room rates in Singapore hit 14-year high in September 2022
It came off the back of the return of the Formula One race and a slew of major Mice events. Read more at straitstimes.com.
タイトルとURLをコピーしました