【シンガポール】感染症警戒レベル(DORSCON)を引き下げ、4月26日から社会行動規制をほぼ撤廃

シンガポール

新型コロナウイルスに関する関係省庁タスクフォースは22日の会見で、新規感染が縮小傾向にあることから感染症警戒レベル(DORSCON)を上から2番目のオレンジからイエローに引き下げることを発表した。

DORSCONを引き下げるとともに、4月26日からは屋内のマスク着用義務以外の社会行動規制を撤廃する。これまでの規制をほぼ撤廃することで、経済回復を加速させる。

現在10人までのグループサイズは制限がなくなり、1世帯への訪問者の数も制限が撤廃される。また、1,000人を超える大規模なイベントの収容率75%も撤廃される。加えてセーフディスタンスも不要となる。

職場への出勤は、これまでの上限としていた定員75%から、社員全員が出勤できるようになる。屋内と公共交通でのマスク着用は引き続き義務付けられるが、職場では人と接しない限りマスク着用は任意となる。

TRACETOGETHER(感染者追跡)は終了し、建物に入るときの入場登録(SAFE ENTRY)は500人以上が参加するイベントやナイトライフ施設への入場以外は不要となる。

海外から入国する際に求められていた出発前検査も、ワクチン接種完了者と12歳以下の子供は不要となる。

タスクフォースの共同議長であるガン・キムヨン貿易産業相は、DORSCONを引き下げるが、国民1人1人が引き続き安全な管理措置を遵守し、社会的責任を果たさす必要があると訴えた。

※ソース

COVID-19 group size limit to be removed in Singapore, all employees can return to the workplace from Apr 26
The country will lower its DORSCON level from Orange to Yellow for the first time in more than two years. 
タイトルとURLをコピーしました