【シンガポールニュース】外国人労働者税(人頭税)の払戻期間、来年3月まで延長

シンガポール

シンガポール人材開発省(MOM)は21日、建設・造船・プロセス(石油、化学など)分野のすべての労働許可保有者に対して課せられる外国人労働者税250ドルの払戻期間を来年3月まで延長すると発表した。

新型コロナで打撃を受けた分野の回復を支援するために昨年導入された外国人労働者税払い戻し策は、当初は今月で満了する予定だった。

MOMは、これらのセクターが引き続き人手不足とコストの増加に直面していることを考慮。払戻期間の延長で、約15,000社の企業を支援すると述べた。

企業は、払戻金を使って既存の労働者を維持したり、リスクの低い国や地域からの労働者を雇用することを検討できる。

ここ数週間は対象分野で労働者の流入が増加しているが、払戻期間のさらなる延長の必要性については今後の状況を確認しながら2022年3月前に発表する。

MOMは長期的な視点から企業に生産性向上と人材不足など不確実な時代に適応するレジリエンスの強化することを求めてきた。

また、今月修了する予定だったメイドを含むすべての外国人労働者に対する人頭税の免除も来年12月まで延長されることが決まった。

ソース

Foreign worker levy rebate for essential sectors extended till March next year
The rebate was introduced last year to help the sectors tide over the challenges caused by Covid-19. . Read more at straitstimes.com.

タイトルとURLをコピーしました