【シンガポールニュース】国際見本市Restaurant Asia 2021開催、MICEで景気回復に弾み

シンガポール

11月18日、コロナ禍におけるパイロットイベントとして国際見本市Restaurant Asia 2021がサンズエキスポ & コンベンションセンターで開幕した。リアル展示会としてはほぼ2年振りの開催となる。 MICE産業の復興のへの第1歩として、今週は国際会議Milken Institute Asia SummitとBloomberg New Economy Forumも開催された。

Restaurant Asia 2021は飲食店向けの食材、機械、設備などを対象出展品としたトレードショーで、3日間開催される。事前予約制で来場者はワクチン接種完了者のみ。午前・午後のセッションに分かれており1日の来訪者は約1,000人を予定。安全対策が強化され、5つのゾーンそれぞれの滞在時間も制限される。

イベントはInternational Coffee & Tea Asiaシンポジウムと同時開催され、12ヵ国の企業・団体合わせて113の出展者が参加。同イベントは デジタルショー としても開催され、主催するConference & Exhibition Management Service(CEMS)社は、出展者と来場者合わせて3,000~5,000人が集うプラットフォームになると期待をよせる。

CEMS社は今後数週間の間に建築資材等をテーマにしたArchitecture&Building Services2021と宝飾品のテーマとしたSingaporeInternational Jewellery Expo2021の2つのイベントを開催する。CEMS社のエドワード・リウ社長は、2つのイベントの集客もRestaurant Asia 2021と同じぐらいになると予想していると述べた。

リウ社長は、シンガポールはMICE業界のハブであり、Restaurant Asia 2021のように安全対策を講じてイベントが開催されることはシンガポール経済回復のためにもなると述べた。

ソース

Mice industry in S'pore gets lift from Restaurant Asia 2021, expected to draw 1,000 visitors a day
It is the largest Mice event held here to date since Covid-19 curbs were eased.. Read more at straitstimes.com.

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました