【シンガポール】コモンウェルス国分ロジスティクス、4温度帯物流センターを新設

シンガポール

食品卸大手の国分グループは3月28日、シンガポールで物流事業を展開する合弁会社Commonwealth KOKUBU Logistics(コモンウェルス国分ロジスティクス)が4温度帯物流センターを新設することを発表した。

新たに開設されるコールドチェーン食品物流センターには2億シンガポールドルが投じられる予定で、最大130人の雇用を創出するとともに、同国の食料安全保障とサプライチェーン能力を強化することが期待されている。

国分グループは、同センターの開設により、シンガポールをハブとして、拡大する近隣諸国の低温食品コールドチェーンの物流需要を支えていく。さらに、日本から進出する食品メーカー、外食チェーンならびに小売業に、国内と同等の高品質な物流サービスを提供し、アセアンでの事業推進を支援していく。

総床面積50万平方フィートの施設では最大8000万kgの食品の冷蔵保存が可能となる。完成は2025年を予定している。

新センターは最大8万枚のパレットを収容できる保管機能を具備し、大型冷凍自動倉庫と仕分けマテリアルハンドリングを完備する。さらに最大5,500㎡の太陽光発電パネルを設置し、持続可能なエネルギーを活用する。

3月28日に行われた起工式に来賓として出席したロー・イェンリン貿易産業相は、この施設によって貿易・物流のハブとしてのシンガポールの地位が向上すると述べた。

同貿易産業相は、コールドチェーンロジスティクスは物流分野での重要な役割であり、シンガポールはこの市場を10年で倍増させる計画があると述べた。また、アジアから輸入される生鮮品の需要増と食品安全への懸念から、食品の賞味期限を延ばすための低温貯蔵のニーズは高まっていると指摘した。

※ソース

Commonwealth Capital’s new cold-chain logistics facility to create 130 jobs
A NEW S0 million cold-chain food logistics facility in Singapore is expected to create up to 130 jobs, while strengthening the country’s...
タイトルとURLをコピーしました