【タイ】医療ツーリズムを促進、外国人観光客の誘致強化へ

タイ
Herbert II TimtimによるPixabayからの画像

プラユット・チャンオチャ首相は5月19日、パンデミックの初期段階で新型コロナウイルスの抑制に成功した実績に基づき、タイを国際的な医療ツーリズムのハブとし、より多くの外国人観光客を誘致することを目指すと述べた。

また、新型コロナウイルスの感染者数が減少して観光客が少しずつ増加していることを考慮し、プラユット首相は新型コロナ対策タスクフォースが5月20日にバー、パブ、ナイトクラブの営業再開についても検討に入ると述べた。

パブ、バーを含むナイトライフ・ビジネスの営業再開を許可することで観光を促進するだけでなく、同業界に生計を依存している何百万人もの国民をサポートする。

コロナ関連の規制撤廃はタイ観光のオフシーズンである6月から9月に少しでも多くの外国人に来訪してもらうための鍵となりそうだ。

政府は5月1日以降、入国時のPCR検査および1泊以上のホテル宿泊支払証明書の提出を不要とし、医療保険の最低保証金額も2万ドルから1万ドルに減額するなど、入国手続きを簡素化した。

外国人の入国規制を大幅に緩和したことから、政府は一月平均の外国人来訪者数が10月以降には現在の3倍以上の100万人に達すると予測している。

※ソース

Thailand to promote medical tourism in post-Covid-19 era, PM says
Thailand expects tourist arrivals to more than triple to about a 1 million a month from October. . Read more at straitstimes.com.
タイトルとURLをコピーしました