【ベトナム】コングロマリットVinGroup、1億7400万ドル投じてEV用バッテリー工場建設へ

ベトナム

ベトナムのコングロマリット(複合企業)ベトナム投資グループ(VinGroup)は、ハティン省に4兆VND(1億7,414万ドル)を投じて自動車用バッテリー工場を建設した。

ブンアン経済特区にあるビンESエネルギーソリューションズ(VinES)は、第1フェーズで年間10万個、第2フェーズでは100万個のバッテリーパックを生産する。工場全体の80パーセントがロボット化して運営される。

自動車用バッテリー工場建設は、同じVinGroupの子会社VinFastを世界的な電気自動車メーカーにするというコングロマリットの戦略的計画の一環。

「私たちは、米国、イスラエル、台湾、中国などの権威あるグローバルパートナーとの協力し、超高速充電や全固体電池など最先端の電池技術を研究、開発、適用しています」と同グループのNguyen Viet Quang副会長は起工式で述べた。

VinFastはStoreDot, Gotion High-Tech、ProLogiumなど電気自動車用バッテリーを開発する企業と協力したり、バッテリーと充電技術を開発するために独自の研究開発施設を設立している

先週、Vingroupは、来年後半に米国に上場することを検討していることを明らかにした。

ソース

Vingroup begins construction of 4 mln car battery plant - VnExpress International
Vingroup has started construction of a VND4 trillion (4.14 million) car battery plant in the central province of Ha Tinh.

※合わせておよみください
【電気自動車関連記事】
【ビジネスコラム】電気自動車(EV)普及で何が変わる? シンガポールの車事情について
【タイニュース】1~11月の自動車輸出、前年同期比28.6%増
【マレーシアニュース】電気自動車(EV)普及、課題は走行距離と充電ステーション不足

タイトルとURLをコピーしました