【ベトナム】トータルビューティブランドThe Body Shop、初の赤字計上

ベトナム

マレーシアのInNature Berhad社によって運営されている化粧品小売りチェーンThe Body Shop Vietnamが3年間の減益の後、昨年初の赤字を計上した。

The Body Shop Vietnamの売上高は2018年の1120億VNDから2020年には1620億VNDへと増加した。その間、2019年の税引後利益は前年比65%増の230億ドンを記録したが、その後3年は下降傾向にあった。2023年、売上高1360億ドンで50億ドンの初の赤字を計上した。

InNature Berhad社は、1984年にマレーシアのクアラルンプールに最初の店舗を開設して以来、The Body Shopフランチャイズ事業を39年以上にわたり展開。その後、2009年にホーチミン市にベトナム第1号店を開業した。現在、ベトナムに41店舗を展開している。

2020年にはThe Body Shop VietnamがInNature Berhad社の総収益の20%を占めた。

イギリス発のトータルビューティブランドThe Body Shopは2024年1月にヨーロッパ・アジアの一部事業を国際的なファミリーオフィスへ売却され、同年2月にはイギリス法人が破産手続きに入り、同月に米国事業が閉鎖されたが、InNature Berhad社は、欧米での動きはベトナム市場には影響していないと述べた。

同社は、東南アジアでのビジネスは、ヨーロッパやアメリカのビジネスと比較すると、依然として明るいとみている。同社が事業展開しているマレーシアとカンボジア市場は依然として利益を計上しているという。

※ソース

How The Body Shop Vietnam does business - VnExpress International
Operated by a Malaysian firm in some Southeast Asian locations, cosmetics retail chain The Body Shop Vietnam posted its first loss last year after three years o...
タイトルとURLをコピーしました